雲になりたい !

2021.06.08 風の戯言

雲は不思議だ。
まったりと空に浮かび、孫悟空の夢をよみがえらせる。

いい歳こいて、熱気球で空を飛びたい・・・そんな夢に夢中だったころが最高に楽しかった。

庭でこんな雲を見ていると、あの頃に帰ってしまう。

ボケたかな?

節子さんの花畑

2021.06.07 風の戯言

夕方、家に帰るとスズメ達があちこちに伝令を走らせて仲間を呼び集める。
まぁ、この情報通信は見事なものでたちまち多くのスズメたちが集まってくる。

自分だけゴチになっていればよさそうなものを・・・嬉しい、馬鹿だね。
やっと飛べるようになったヒナに、口移しで米粒を食べさせている。
見ていて、なんか嬉しくなる光景なんだよね。

足りないよーと窓で最速するけど、こんな時は知らん顔。
何時までもあると思うな親と米。
早くひとり立ちしてほしい。

節子さんの花畑が奇麗に咲いている。
何ものにも勝る喜びなんだそうだ。

ありがとう。

バラが咲いたよ。

2021.06.06 風の戯言

温かい日差しに涼風。
なんとも見贅沢な一日であった。

庭の椅子で惚けていると、蝶々が一回りしてゆく。
あんなにアッチコッチにフラフラ飛んでいたら、人間なら目を回してしまうところ。

そんな蝶に魅せられて生態の研究に没入していった人もいるとか。
言われてみれば胴体は小さなものでしかないtが、羽は大きい。
大きな羽でジャンピングしながら飛ぶのか・・・
だから生き延びてこれたのだと言われれば、そうなのかも知れないが。

バラにバラの花咲き、カラスは余計な叫び声をあげている。

自然界は不思議

朋有り遠方より来る

2021.06.05 風の戯言

朋有遠方より来る また楽しからずや。
ジャカルタの山田医師が大学時代の松本により3人の仲間と柏崎に来てくれた。
彼らが信州大学の学生の時からだから、もう43年になる。
家の隣の柏崎気球会館は、あの時期、いろいろな大学の気球仲間の巣窟だったのだ。

信州大学、新潟大学、京都大学・・・彼らが畳表や壁に残した落書きはバンクシーを超えていたはず。

いい青春だったと思う。

Kitchen 105 からの夕陽

2021.06.04 風の戯言

ゲコゲコと裏の田圃でカエルが笑っている。

俺がたまにショパンを聴いているから・・・

だけど、加納のこの静寂は何ものにも代えがたい。

バカ良い !