ガラムマサラ

2024.02.05 風の戯言

昨日は完全にくたばって一日中ホトケ様

今日はウロウロとガラムマサラのカレー食べに。
壁のあちこちに面白いものが飾ってある。

トリウム熔融塩国際フォーラム

2024.02.04 風の戯言

トンネルを抜けると、そこはもう「春」だった。
みたいな感じで、関東平野には青空が広がっていた。
人が集まるわけだと、改めて納得した。

同時に、関東大震災が起きたらどれだけの被害が出るのだろう?
道路がメチャクチャになり、水道はメチャクチャになり、火事は燃え広がる。
人は逃げ惑い、崩れた家の下敷きになった人たちに、火が迫ってくる。

トリウム熔融塩国際フォーラム。日比谷図書館。
Google創業者ラリー・ページの兄、カール・ページ氏の講演に始まり
木下幹康理事長の「世界の熔融塩炉開発動向と日本の進むべき道」があった。

木下先生の講演が終わった後、司会からいきなり「柏崎の石塚さん、コメントを」名指しされた。
多少心の準備はしてあるが、手を上げるのと、いきなり指名されるのは大違い。
ドギマギしながら、支離滅裂に自分の想いと、次回は柏崎でとお願いし、会場の拍手を貰った。

会が終わって、原田元環境大臣に呼ばれ、10分程歓談させて貰った。
ビジネスのボスたちが動き出し、政治が動き出し、時代は動き出した。
アメリカで50年振りに建設許可が下りた。

ページ氏が言っていたように、安全で安いもの、それが時代の要求だと思う。

長いトンネルを抜けると、春の景色が広がる、そんな未来が少し見えてきた。

バカヤロー解散 !

2024.02.02 風の戯言

国会のニュースを見ているけど、さっぱり面白くない。
子供の朗読劇みたいで、議場は寝ている奴(議員)も多く、報酬の為とは言え「金縛り」の時間は大変だろうなと同情する。
国会乱闘があると、「出番!」とばかり鼻ヒゲのおっさんが活躍する。馬鹿か!

むかし、吉田茂首相が野党の西村栄一議員の質問に「バカヤロー」とやってしまい、解散につながった。
いいね!
昭和28年というから、独立して間もなくだろう。

あの頃は「抜打ち解散」とか「バカヤロー解散」があり議員も寝ていられなかった。
「いつ、何時」職を失うかわからない状況!
中継も絶叫調にならざるを得ない。

岸田首相「辞めてやらぁ-解散」なんてありかな?

心とか、想いとか、愛とか

2024.02.01 風の戯言

心とか、想いとか、愛とか・・・

カタチはないけど、そんなものが大切になっている。

昔からなんだけど・・・。

今日から2月。

そして、俺は81歳・・・。

1月31日

2024.01.31 風の戯言

元日の能登半島地震で始まった2024年も、明日から2月を迎える。
読売新聞に記載されていたけれど、能登の地震は7、3が13秒後にももう一度7、3が起き、実質7、6の震度になったという事らしい。
7.3がダブルで起きたということ。

へこんでいる訳には行かないが、2024年は過酷な歳になりそうだ。
何が起きるか、 「さぁ、かかって来い!」

会社も今日が決算月。
頑張れ、負けるな、皆の為だ。